教養・歴史著者に聞く

アナウンサーから障害福祉の道へ。53歳の思いがけない転職=北條一浩(編集部)

『53歳の新人 NHKアナウンサーだった僕の転職』

 ◆著者 内多勝康さん(「もみじの家」ハウスマネージャー)

人生後半戦の出会いと挑戦 医療的ケア児を「アナウンス」

 顔を見れば多くの人が「確かニュース番組の……」と思い出すだろう。今年4月に『53歳の新人 NHKアナウンサーだった僕の転職』を刊行した内多勝康さんは今、福祉の世界に身を置く。「50歳を過ぎてこんな展開が待っているなんて、自分がいちばん驚いています(笑)」。安定した立場を投げ打って、まったく新しい世界に飛び込んだ転職体験記だ。

 国立成育医療研究センターにある「もみじの家」。365日24時間、人工呼吸器による呼吸管理やたんの吸引など「医療的ケア」が日常的に必要な子ども(医療的ケア児)とその家族のための短期入所施設だ。内多さんはここで、事業の計画立案や広報、寄付・補助金の呼びかけなど、「ハウスマネージャー」として日々業務をこなしている。

残り926文字(全文1327文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事