教養・歴史著者に聞く

男社会と闘った女性教師たち。教育の性差別を乗り越えた歴史=藤原秀行

『女教師たちの世界一周 小公女セーラからブラック・フェミニズムまで』

 ◆著者 堀内真由美さん(愛知教育大学准教授)

男社会と闘った女性教師たち 教育の性差別を乗り越えた歴史

 本書は19世紀以降、男性社会の大英帝国で教師の世界に入った女性が“進んだ教育”を広めようとインドなど海外の領土で奔走した姿を紹介。教育における男女平等実現の闘いの記録だ。実在の人物に加え、女性教師が登場する『小公女』といった小説の著者や主人公も取り上げている。

 著者は英国の近現代女性史やジェンダー論が専門。かつて公立中学校の教師だった頃の経験が研究の道に進む契機の一つになった。

残り1020文字(全文1296文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事