経済・企業深層真相

「零売(れいばい)薬局」に厚労省が懸念を示すわけ

処方箋なしの薬の販売 宣伝文句に厚労省が懸念

 処方箋なしで病院の薬を販売する「零売(れいばい)薬局」が増えている。零売とは、病院の薬(医療用医薬品)のなかでも処方箋が不要な一部の鎮痛剤や花粉症薬、湿布など(非処方箋医薬品)を箱から出して小分け販売することをいう。

 零売薬局チェーンを立ち上げた「GOOD AID」(名古屋市)の服部雄太代表は「地域に根ざした街の保健室」を掲げ事業を展開。今年4月には総額3億円の資金調達をしたと発表した。服部社長は零売の…

残り341文字(全文567文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事