経済・企業深層真相

スカイツリー10年の陰 東武が抱える不安材料

 東武鉄道が運営する「東京スカイツリー」(東京都墨田区)は5月22日、開業10周年を迎えた。総額1430億円を投じた巨大プロジェクトだったが、同施設は今や東京の観光名所として定着し、同社の収益源へと成長している。コロナ禍までは、スカイツリータウンの入場料やテナント代などの事業収入は年200億円台後半を維持、運輸事業は年100億円前後の増収に貢献するようになっていた。

 ただ、新しい収益源が育ちつつある一方で、同社の将来を憂う声も聞こえてくる。「東武鉄道は非常に閉鎖的な体質。若手が新しい提案をしても、『予算がない』と却下され、現状では無難なことしかできない」(東武グループ関係者)。業績への影響はまだ目に見える形では出ていないが、東武鉄道の未来には暗雲が漂う。

残り203文字(全文534文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事