国際・政治ワールドウオッチ

ウクライナ侵攻で燃料高騰、スウェーデン政府が補助連発=綿貫朋子

スウェーデン エネルギー税を一時減税へ=綿貫朋子

 5月中旬、ストックホルム近郊のガソリンスタンドで給油をして衝撃を受けた。ガソリン価格が1リットル=21・93クローナ (約285円)まで高騰していたからだ。手元に残るレシートを見ると、2020年11月は13・38クローナ (約174円)、21年9月は16・14クローナ (約210円)だった。市民の負担が膨らんでいることを実感した。

 ロシアによるウクライナ侵攻などの影響で燃料費が高騰しているスウェーデンでは今年4月27日、エネルギー税を一時的に減税する政府追加補正予算案が国会で可決された。これに伴い、5~9月はガソリンとディーゼル用重油の購入価格が1リットル当たり1・31クローナ (約17円)軽減される。以前に決定した減税分と合わせ1リットル当たり約1・8クローナ (約24円)の消費者負担減となる。

残り196文字(全文574文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事