国際・政治ワールドウオッチ

日量10万~20万トンの造水施設2基にゴーサイン=井上雄介

台湾 海水淡水化プラントの建設続々=井上雄介

 水不足に悩む台湾で、経済省水利署が新竹と台南に計画中の海水淡水化プラント2カ所は4月、行政院(内閣)環境保護署の環境影響評価の1次審査を通過した。このほか台湾塑膠工業(台湾プラスチック)も雲林県で自家用プラントを建設中で、3カ所とも造水能力が日量10万~20万トンの大規模施設となる。

 台湾では2021年、深刻な水不足が発生。半導体製造大手の台湾積体電路製造(TSMC)など台湾経済の中核企業が給水車などを使う緊急対策に追われた。プラントが完成すれば、水不足は解消できる。現在、台湾の海水淡水化プラントは24カ所あるが、新竹と台南のほか、桃園、嘉義、高雄などで政府主導の建設が計画中だ。

残り225文字(全文541文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事