国際・政治ワールドウオッチ

スウェーデンの家庭や学校で進む食品ロス削減=綿貫朋子

スウェーデン 2020年の家庭の食品ロスは2年前より1人当たり2キロ減=綿貫朋子

 スウェーデンは、温室効果ガス排出の要因の一つである「食品ロス」の全体量を2020年比で、25年までに5分の1削減する目標を掲げている。食品ロスとは、食べ残しや賞味期限切れなど、本来は食べられたはずなのに捨てられた食品廃棄物を指す。

 スウェーデン環境保護庁が今年5月に発表した資料によると、20年に家庭から出た食品ロスは1人当たり17キログラムで、18年の19キログラムから2キログラム減った。同国食品庁は「全体で約2万トンの食品が捨てられずに済んだ」とし、「原因はロス削減の大切さを意識する人が増えたから」と推測している。

残り258文字(全文560文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事