国際・政治ワールドウオッチ

「外敵」を明確に意識し始めたドイツ=柿添紘光

ショルツ首相は他国への武器供与を承認した Bloomberg
ショルツ首相は他国への武器供与を承認した Bloomberg

ドイツ 国防予算を大幅に増額=柿添紘光

 ロシアによるウクライナ侵攻は、北大西洋条約機構(NATO)加盟国や欧州連合(EU)加盟国に大きな衝撃を与えた。ドイツも例外ではない。侵攻直後の2月27日は、戦後ドイツにおける大きな転換点となった。

 ショルツ首相が第三国を経由した他国への武器供給を認め、合わせて国防向け予算の大幅増額の方針を示した。ドイツは外部の「敵」を明確に意識するようになったのだ。まず1000億ユーロの基金を創設。あわ…

残り324文字(全文539文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事