国際・政治ワールドウオッチ

「トリアージ」ソフトのFDA認可で切磋琢磨=二村晶子

カリフォルニア 優先治療のAI開発が激化=二村晶子

 複数の患者が発生する大事故などの際、優先治療する患者を選別し、結果として生存者を増やす「トリアージ」という行為を、AI(人工知能)で即時に判断するソフトウエアの開発競争が激化している。とりわけ話題に上るのが、ビズ・エーアイとラピッド・エーアイという2社の競争だ。

 ビズ・エーアイは、2016年にサンフランシスコ市で創業し、脳卒中向けソフトウエアを開発。初めて米食品医薬品局(FDA)の認可を得るなど、本分野をリードするベンチャー企業である。21年11月には、肺塞栓(そくせん)症(肺以外の場所で形成された血栓による肺動脈の閉塞)向けでも認可を得ている。

残り256文字(全文558文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事