教養・歴史書評

第二次大戦下の司書と冷戦下のスパイと=孫崎 享

戦時下のパリに生きた図書館員の姿を読む

×月×日

 第二次大戦中の画家の動きを調べている。松本竣介は軍部の圧力に抗して「芸術に於ける普遍妥当性の意味を、私達は今日ヒューマニティとして理解してゐる」と書き、「立てる像」を描いた。一方、横山大観は、富士山を描き戦意高揚に努めた。

 米国では、ノーマン・ロックウェルが「リベット打ちのロージー」を描いている。これは工場や造船所など、男性の職に女性が進出する姿が主題だ。そして同時期の1942年にはエドワード・ホッパーが「ナイトホークス」で都会の孤独を描く。

 このように私の関心が1940年代に向く中、『あの図書館の彼女たち』(ジャネット・スケスリン・チャールズ著、東京創元社、2420円)に出会った。

残り1015文字(全文1334文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事