【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online闘論席

62年前の秋、宏池会創設者は立派だった=片山杜秀

片山杜秀の闘論席 

 岸田文雄首相は自民党の大派閥、宏池会のリーダーでもある。元は池田勇人が総理を目指して作ったグループだ。高楼(こうろう)から静かに広い池を見下ろすような穏やかな心持ちを保ってこそ、大志を実現しうる。池田が政治の師と仰いだ右翼思想家、安岡正篤がそんな意味合いを込めて名づけた。

 宏池会の結成から4年目の1960年、機会は巡る。日米軍事同盟の深化に突き進んだ岸信介が、目的の強引な達成と引き換えに総理の座を退いた。後継に指名されたのは、岸内閣の閣僚から途中で抜けた池田だった。岸は退陣直後の7月のうちに、戦前には大川周明系の右翼団体に属していたこともある荒牧退助に刺され、重傷を負った。

 世情は混迷した。池田は、岸のコワモテ路線からソフトな対話路線への転換を宣言した。が、それは表向きだけで、実は岸の路線の継承者とみなす者も多かった。同年秋の総選挙に新内閣の命運はかかった。

残り407文字(全文801文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事