教養・歴史書評

名著にして入門書、自叙伝付きで新版登場=本村凌二

連続講演の雰囲気を醸し出す新訳

 戦後生まれの第1世代は今や70歳代半ばで団塊の世代ともよばれている。その世代のなかで歴史学を志した連中の多くが最初に手にした本となると、E・H・カー『歴史とは何か』(岩波新書)だったのではないか。評者も例外ではなく、「すべての歴史は現代史である」という文句がなにやら新鮮だったように覚えている。

 この名著の新訳『歴史とは何か 新版』(近藤和彦訳、岩波書店、2640円)が出た。もともと連続講演であり、冗談や皮肉を交えて語られているのだから、新訳本にはその雰囲気が醸し出されていて喜ばしい。

残り662文字(全文922文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事