教養・歴史書評

童話・寓話などの古典を、後世の作家たちはいかに翻案したか=楊逸

×月×日

 暑い。汗だくになりながら、読書に涼を求める。

『問いかける短篇 翻案・童話・寓話』(木村小夜著、和泉書院、5500円)。近年若者の間で漫画やゲームの物語とキャラクターを生かして2次創作、3次創作するのがはやっているのを思うと、がぜん興味が湧き上がって手に取った。

「因」から始まり「果」で結んで、間は「応報」の仕組みが語られる。そういう構造は童話に寓話、神話、伝説などにおいて話の「基本形」になろう。神様の教えにせよ他人の教訓にせよ主題が「勧善懲悪」なのだから。

 時空を超えて延々と語り継がれるためには、話の普遍性とインパクト、ならびにわかりやすさも求められる。序盤から結末が予想できたりしてしまうものが多いのは、そのためなのかもしれない。

残り943文字(全文1266文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事