国際・政治ワールドウオッチ

インドの格安航空会社、過度なコスト削減で保安面にも懸念=藤原秀亘

筆者もよく利用するインディゴはインドの航空市場で最大シェアを有する 筆者撮影
筆者もよく利用するインディゴはインドの航空市場で最大シェアを有する 筆者撮影

 インド航空当局は7月28日、インド航空業界大手の格安航空会社(LCC)であるスパイスジェットに対し、運航本数の半減を命じた。一連の飛行中のトラブルへの事実上の罰則だ。

 スパイスジェットは5月1日、機体が上空で乱高下し、乗客17人がけがをする事故を起こした。以降3カ月間で機材故障に伴う緊急着陸など、トラブル8件を連発した。整備士不足やそれに伴う脆弱(ぜいじゃく)な保安管理体制に大きな懸念があるといわれている。

 日本人駐在員御用達の業界最大手のLCC、インディゴも課題を抱える。7月2日には同社のフライトの半分以上が欠航・遅延。スタッフの大半が、同日に行われたインドの航空大手、エア・インディアの採用面接に行っていたことが要因とみられる。

残り198文字(全文518文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

6月13日号

電力が無料になる日 NTT、東電、トヨタが拓く未来14 NTT、東電、トヨタの共闘 捨てる再エネは「宝の山」■金山隆一18 インタビュー 森島龍太・電池サプライチェーン協議会業務執行理事「電池は国家のエネルギー戦略そのもの」19 電池のリユースは自動車業界の命綱■藤後精一20 EV電池の送電接続こそ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事