【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク「不潔な街」世界2位に、主因はやはりコロナ=冷泉彰彦

仮設店舗などはネズミのすみかに… Bloomberg
仮設店舗などはネズミのすみかに… Bloomberg

 雑誌『タイムアウト』が2万7000人を対象に実施した「清潔度」調査で、ニューヨークは最悪と名高いローマに続く、世界ワースト2位の不名誉な称号を得た。

 原因としては大きく二つある。一つは、長引くコロナ禍の影響で、清掃員の人員確保が難しくなったことだ。2020年から21年にかけては定期的なゴミの収集が行き届かなくなり、市内には生ゴミが散乱。野鳥や動物などに袋が破られてゴミが散らばり、不衛生な状態が発…

残り301文字(全文501文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事