【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

テクノロジーワールドウオッチ

米バイテク2社の統合にEUが拒否権発動 二村晶子

買収は成立するのか(写真はイメージ)
買収は成立するのか(写真はイメージ)

 遺伝子解析装置を手掛けるカリフォルニア州サンディエゴのイルミナ社が9月1日、がん診断技術を開発する米グレイル社の買収を支持する判断を米行政法判事が示したと発表した。

 イルミナがグレイルを80億ドル(約1.1兆円)で買収することを発表したのは2020年9月。その後、21年3月に米連邦取引委員会が競争を阻害するとして、買収契約の差し止めを求める訴訟を起こしていたが、イルミナが勝訴する形となった。イルミナに…

残り305文字(全文508文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事