マーケット・金融グラフの声を聞く

米国債増発で、金利は更に上昇へ 市岡繁男

 米連邦準備制度理事会(FRB)のデータによると、2022年3月末の大手米銀の債券含み損は628億ドルで、自己資本に対する比率は4%台と、08年以来の水準(自己資本の10%弱)だった。

 FRBは今年3月末で含み損データの公表をやめたので、現在の含み損率は不明だ。だが長短金利はその後、さらに上昇しており、金利と逆の動きをする債券の価格は国債と政府機関債が4%、社債が10%も下落した(図1)。大手行が保有する国債+政府機関債は3.3兆ドル、社債は0.6兆ドルなので、この半年間で含み…

残り362文字(全文603文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

1月31日号

NISA徹底活用術14 1からわかる 新旧NISAの使い方 ■深野 康彦16 新NISA 無期限に非課税枠を拡大18 60、70代の戦略 手堅く配当金狙い生活費の一部に20 NISAで狙う1 デフレマインドを大きく転換 巨額資本は日本株に向かう ■武者 陵司23 NISAで狙う2 投資の基本戦略は変 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事