マーケット・金融グラフの声を聞く

1987年のブラックマンデー前に似る英米債券の下落ピッチ 市岡繁男

筆者は運用担当者として1987年のブラックマンデーを経験しているが、今の相場は35年前の金融波乱が再来する怖さがある。懸念材料は次の2点だ。1点目は業績不振が伝えられる大手欧銀の株価が1日で16%も急落したことだ。最近はあらゆる資産が下落しているが、投機に失敗した金融機関が資産を投げ売りしている側面もあるのかもしれない。

 連想するのは2008年の原油相場だ。同年7月に高値をつけた原油は欧州中央銀行(ECB)の利上げで失速し、9月に相場の節目とされる200日移動平均線を下回る。リーマン・ショックはその2週間後だった。今回も原油は7月のECB利上げで200日線を割り込み、9月のECB再利上げで株安が加速している(図1)。

残り301文字(全文614文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事