【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

マーケット・金融グラフの声を聞く

邦銀のドル調達が円安を加速する? 市岡繁男

 韓国中銀は昨年から7回も利上げし、ウォン安を阻止するため為替介入を検討しているという。これに対し日銀は介入どころか、長期金利が一定水準を超えないよう国債を買い支え、円安進行を放置している。

 この日銀の姿勢を歓迎しているのは在日外銀で、低利の円資金を調達し、それをドルに替えて外債に投資する取引(円キャリートレード)を積極化している。外銀の負債残高増と円安が連動しているのはその表れで(図1)、彼らは円高にならない限り、内外金利差を享受できる。

 円安が加速している要因は他にもある。2015年以降の対外・対内債券投資の累計額をみると、対外投資は71兆円で20年3月のピークから18兆円減だ。他方、対内投資は86兆円で15年から増加する一方だ。注目は「対内−対外」投資とドル・円が連動していることだ(図2)。

残り220文字(全文573文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事