経済・企業深層真相

東芝復活の鍵「スマートレシート事業」トップは富士通出身

 データ事業の拡大で経営再建を軌道に乗せたい東芝。注目は、子会社東芝テックが手掛ける「スマートレシート事業」が“大化け”するかどうか。

 スーパーなどの客のスマホに電子レシートを返し、客は店からクーポンをもらう。東芝テックは、POS(販売時点情報管理)システムで国内シェア5割超。蓄積する購買履歴のデータが広告やマーケティングの「宝の山」になるという狙いだ。

 この東芝テックを率いるのが富士通出身の錦織弘信社長(66)=写真。2009年に富士通がハードディスクドライブ(HDD)事業を東芝に売却した際に転籍した。事情を知る関係者によると、東芝の故・西田厚聡会長(当時)が、「HDD事業が安定するまでは錦織氏に東芝にいてもらいたい」と富士通側に要請。富士通は2年程度をめどに同氏を戻す意向だったが、錦織氏は結局、東芝にとどまった。

残り167文字(全文530文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事