国際・政治ワールドウオッチ

インド最高裁が妊娠24週まで未婚女性の中絶を認める 中島敬二

女児と分かると人工中絶を望む親が後を絶たない… Bloomberg
女児と分かると人工中絶を望む親が後を絶たない… Bloomberg

 インドにおいて人工妊娠中絶は、性的暴行の被害女性と既婚女性にのみ認められていたが、最高裁は9月29日、未婚女性に対しても妊娠24週までの中絶を認める判断を下した。また、夫から性行為を強要された場合も性的暴行罪が成立することになった。

 インドでは1999年以前、女性の命を救う中絶のみが許され、自発的中絶は重罪であった。そのため、医師は3年の懲役、中絶した女性には7年の懲役刑が科された。更にさかのぼること94年には、性別選択を禁止する…

残り327文字(全文545文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事