国際・政治ワールドウオッチ

ブラジル大統領選挙は現職の善戦で決選投票へ 美代賢志

復帰を狙うルラ元大統領 Bloomberg
復帰を狙うルラ元大統領 Bloomberg

 10月2日にブラジル大統領選の1次投票が行われた。有効票の過半数を獲得した候補は出ず、再選を目指すボルソナロ大統領とルラ元大統領が10月30日の決選投票に進む。事前の世論調査では1次投票で当選する可能性もあるとされたルラ氏の得票率は48.4%。支持率4割未満のボルソナロ氏がブラジル中南部を中心にかなりの善戦で43.2%を確保した。

 世論調査と大きく相違した理由は、コロナ禍をきっかけに現政権が給付基準を変更した所得支援にあると思われる。従来は扶養家族を考慮して給付額が決められたが、現行のものは世帯で一律。基準を満たさないが給付を受けられることになった人が中南部に少なくないとみられる。

残り255文字(全文550文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事