国際・政治ワールドウオッチ

香港入境者の検疫緩和で航空運賃が高騰 江藤和輝

海外へ旅行する人の数も大幅に増えそうだ 筆者撮影
海外へ旅行する人の数も大幅に増えそうだ 筆者撮影

 香港政府は9月26日から入境検疫を緩和し、新型コロナウイルス対策が大きく転換された。海外または台湾から空港経由の入境者の検疫措置を、香港在住者・非在住者とも「ホテル隔離3日+在宅医学観察4日」から「ホテル隔離ゼロ+在宅医学観察3日」に変更したほか、ワクチン接種を完了していない香港住民がフライトに搭乗できない制限が撤廃された。

 緩和を受け、9月の空港経由の旅客数は前年同月比132.7%増。市民の旅行意欲も刺激され、キャセイパシフィック航空の10月半ばの香港─東京間往復のエコノミークラスの運賃は以前より8000~1万2000香港ドル(約15万2000~22万8000円)も上昇、11~12月はさらに50~100%値上がりするとみられている。

残り245文字(全文567文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事