国際・政治ワールドウオッチ

初秋のチェコの味「ブルチャーク」とは 志牟田剛

製品になる直前のワイン「ブルチャーク」 JETROプラハ事務所提供
製品になる直前のワイン「ブルチャーク」 JETROプラハ事務所提供

 チェコでは南部モラビア地方をはじめとする各地でワインが生産されており、人気がある。フランスで3月に開催された国際コンクール「シャルドネ・デュ・モンド」では、トップ10の金賞にチェコの2本が選ばれるなど評価が高い。

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が2019年に発効したことで、チェコから日本へのワインの輸出額は増加が続く。昨年は26万ユーロ(約3800万円)と少額ながら、EPA発効前の18年と比べると4.5倍に増えた。

 9~10月には、この時期だけ流通する発酵中のワイン「ブルチャーク」を楽しめる。プラハ市内ではワイン販売店や週末に開かれる市場で手に入る。発酵中のため、瓶には詰められない。店員は注文を受けるたびにタンクからペットボトルに注ぎ、ふたを軽く開けたまま客に渡す。値段は1リットル約100~120コルナ(約600~720円)。市場では小さいカップで注文し、買い物をしながら飲む人もいる。アルコール分は6度前後…

残り132文字(全文550文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事