【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

経済・企業株式市場が注目!海外企業

世界屈指の米肥料会社モザイク、肥料高騰で純益3倍 永井知美

米フロリダ州のモザイクのリン鉱山(Bloomberg)
米フロリダ州のモザイクのリン鉱山(Bloomberg)

Mosaic 肥料需給逼迫は長期化へ/55

 米モザイクは化学肥料の生産・販売で世界屈指の企業である。化学肥料の3要素とされる窒素、リン酸、カリのうちリン酸とカリに特化し、リン酸肥料の生産で世界最大、カリでも世界4大メーカーの一角を占める。リン鉱山、カリ鉱山を所有し、原料の採掘から肥料の生産・販売まで一貫して手掛ける。地域別売上高販売比率ではブラジル43%、米国32%、カナダ6%、中国4%など世界各地に展開しているが、とりわけ米大陸に強い(2021年12月期の数値)。

 肥料は土壌の保水度を高め、肥沃(ひよく)度を増すことで農作物の収量を飛躍的に高め、世界の食卓を支えてきたが、普段は黒衣的存在で目立つことはない。その肥料がここへきて注目を集めている。21年秋以降、主要生産国である中国の輸出規制で価格が上昇していたところにロシアのウクライナ侵攻が追い打ちをかけ、価格が記録的水準で高止まりしているためである。

 モザイクは、穀物メジャー・米カーギルの肥料部門と1909年設立の老舗肥料メーカー、米IMCグローバルが統合する形で04年に誕生した。化学肥料は比較的単純な工程で生産されることから、半導体のような高度な生産技術は必要とされない。他社との差別化を図ることは容易ではなく、競争軸はいきおい「価格」となる。肥料の原価の約6割を原料が占めることもあり、市場で勝ち抜くには原料である鉱山を押さえることがポイントである。モザイクは米国、ブラジル等にリン鉱山、カナダ、米国等にカリ鉱山を所有している。

一時は赤字転落

 肥料業界は浮き沈みが激しい。肥料価格は世界景気、食料価格、天候等で大きく上下し、モザイクの業績も、肥料価格下落の影響で赤字転落する年もあった。

 00年代以降、肥料業界では再編が進んだ。兼業で肥料事業を手掛けていた穀物メジャーや資源大手が、変動の大きさを嫌気して相次いで撤退した一方、肥料専業各社は合併による規模拡大や得意分野への注力で生き残りを図った。モザイクは、13年に米CFインダストリーズからリン酸事業を買収してリン酸を強化し、16年には鉄鉱石の生産で世界最大のヴァーレ(ブラジル…

残り1330文字(全文2230文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事