【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

経済・企業

半導体株、パワー・アナログは底堅く推移 阿部哲太郎

電気自動車(EV)向けにパワー半導体などアナログ系の半導体需要は好調だ Bloomberg
電気自動車(EV)向けにパワー半導体などアナログ系の半導体需要は好調だ Bloomberg

 半導体株の指標であるSOX指数は低調だが、電気自動車(EV)向けなどのパワーやアナログ半導体株が堅調だ。>>特集「半導体 反転の号砲」はこちら

設備投資抑制で先端技術関連は低調

 米国の代表的な半導体株30銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX)は11月4日時点で昨年末の水準を約4割下回っている。

 背景には米アップルの「iPhone14」の増産の撤回、巣ごもり需要一巡によるパソコン、スマートフォン向けの需要鈍化、インフレによる景気減速への懸念などさまざまな要因が重なっている。米国の利上げを巡る金融政策の不透明感も半導体株の重しとなった。

 世界半導体市場統計(WSTS)は8月に2023年の世界の半導体売上高見通しを5.1%増から4.6%増に下方修正した。調査機関によっては2ケタ%のマイナス成長を予想している向きもあり、23年は市況の減速が避けられないとの見方が増えている。

 加えて、台湾TSMC、キオクシアホールディングス、米マイクロン・テクノロジーなど大手半導体メーカーが続々と来期にかけての設備投資の抑制を発表した。さらに米国が10月に発表した中国への半導体先端技術の輸出規制も市況の不透明感につながっている。エヌビディアやアドバンスト・マイクロ・デバイセズ、ラムリサーチなどの前工程の先端技術に関する銘柄はSOX指数よりも下落率が大きくなっている。

 ただ、足元では米国の金融引き締めのピークアウト観測で投資家心理は改善しつつある。さらに日米ともに直近の22年7〜9月期決算ではPCやスマホ、メモリー価格下落などの市況悪化が企業決算を下押ししたものの株価の反応は悪材料を少しず…

残り1205文字(全文1905文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事