【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

投資・運用THE MARKET

《NY市場》銘柄ごとの見極めが重要な展開続く 橋本真拓

 11月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の記者会見で、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は利上げ停止を考えるのは時期尚早との見解を示した。引き締め過ぎた場合は金融緩和で対応できる一方、引き締め不足の場合はインフレが定着するリスクが生じてしまうためだと述べている。当局が一時的な景気減速をいとわないことから、利上げの到達点が想定よりも高まる可能性に市場は警戒している。

 中間選挙後、過去の経験則から株価指数全体の上昇が楽観視されているが、銘柄ごとの動きは異なっている。2022年7~9月期の企業決算全体では、景気減速を警戒し引き下げられていた市場予想を上回り、需要回復の恩恵を受けたエネルギーや航空各社は堅調だったが、大型テック銘柄は失望された。伝統的なビジネスモデルの企業が集まるダウ平均株価指数が年初来で比較的持ちこたえている一方、金利敏感なハイテク銘柄を中心に構…

残り140文字(全文528文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事