国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

ポストコロナの春節はサービス消費回復 リベンジ消費の“うねり”は来るか 岸田英明

今年の春節は都市の中心市街地が大勢の人でごった返した(江蘇省蘇州市) Bloomberg
今年の春節は都市の中心市街地が大勢の人でごった返した(江蘇省蘇州市) Bloomberg

 いわゆる「ゼロコロナ政策」を昨年12月に解除した中国で、サービス消費の回復が進む。

 政府推計によると、2023年の春節休暇中(1月21~27日)の国内旅客数は延べ3億800万人、関連消費は3758億元(約7.2兆円)で、それぞれコロナ禍前の19年の7割超まで戻した。多くの行動制限が残った22年との比較では、旅客数は2割超、関連消費は2割近く増加。23年の春節の映画鑑賞者は延べ1億2900万人、興行収入は67.6億元(約1300億円)、鑑賞者数は19年にほぼ並び、興行収入は同年の58億元(約1100億円)を大きく上回った。

 ちなみに、興行収入1位はチャン・イーモウ監督の「満江紅」で、1週間で26億元(約500億円)を稼ぎ出した。参考までに、日本の年間の歴代興行収入1位は20年の「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の404億円だが、「満江紅」はわずか1週間でそれを上回った。

戻りが遅い自動車

 旅行や映画に限らず、中国のサービス業の景況感は急速に改善している。国家統計局発表の1月のサービス業PMI(購買担当者景気指数、50が好不況の分かれ目)は54.0と、緩和の反動でコロナが急激に広がった12月の39.4からV字改善した。業種別では鉄道・航空運輸、金融、保険などで特に好況感が強く60以上をつけた。

 一方、不動産は22年の深刻な景気後退が尾を引き、50以下にとどまった。製造業PMIも改善しているが、12月の47.0から今年1月の50.1と振れ幅は小さい。それだけ12月にサービス業が受けた打撃と、その後の反動が大きかったことが分かる。

 実際、12月は全国の飲食売上高が前年同月比マイナス14.1%(22年通年はマイナス6.3%)と、急速なウィズコロナ移行に伴う“痛み”が如実に表れた。ただし同じ経済への痛みでも、仮にゼロコロナ政策を維持していたら、この間のサービス消費の落ち込みはもっと深刻だ…

残り595文字(全文1395文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

6月13日号

電力が無料になる日 NTT、東電、トヨタが拓く未来14 NTT、東電、トヨタの共闘 捨てる再エネは「宝の山」 ■金山 隆一18 インタビュー 森島龍太・電池サプライチェーン協議会業務執行理事「電池は国家のエネルギー戦略そのもの」19 電池のリユースは自動車業界の命綱 ■藤後 精一20 EV電池の送電 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事