国際・政治ワールドウオッチ

韓国・尹政権が突き進む原発の輸出と開発 嚴在漢

韓国経済界の新年会で演説する尹錫悦大統領=23年1月 韓国大統領室提供
韓国経済界の新年会で演説する尹錫悦大統領=23年1月 韓国大統領室提供

 エネルギー政策の抜本的な改革を掲げて昨年5月に船出した、韓国の尹錫悦(ユンソンニョル)政権。文在寅(ムンジェイン)前政権の原発ゼロ政策を全面的に見直し、中断していた原発技術の開発や輸出拡大に積極的に乗り出している。2030年をめどに、原発10基の輸出と次世代原発である小型モジュール原子炉(SMR)の実用化に向けてまい進している。

 産業通商資源省と韓国水力原子力は22年8月、3兆ウォン(約3100億円)相当のエジプト原発の資材供給と建屋、構造物の建設事業を受注した。同原発では4基の建設に総額約300億ドル(約3兆9600億円)が投じられる。韓国にとって09年のアラブ首長国連邦(UAE)・バラカ原発の輸出以来の受注となった。

残り271文字(全文586文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

6月13日号

電力が無料になる日 NTT、東電、トヨタが拓く未来14 NTT、東電、トヨタの共闘 捨てる再エネは「宝の山」 ■金山 隆一18 インタビュー 森島龍太・電池サプライチェーン協議会業務執行理事「電池は国家のエネルギー戦略そのもの」19 電池のリユースは自動車業界の命綱 ■藤後 精一20 EV電池の送電 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事