国際・政治ワールドウオッチ

豪州の教育現場でも“チャットGPT論争” 守屋太郎

「チャットGPT」は教育現場にも波紋… Bloomberg
「チャットGPT」は教育現場にも波紋… Bloomberg

「チャットGPT」を禁止する動きが、豪州の教育現場に広がっている。チャットGPTは、米ベンチャー「オープンAI」が昨年公開した多言語対応の対話型人工知能(AI)アプリ。利用者の質問に対して、AIが回答となる文章を自動生成してくれる。

 この回答内容が宿題や小論文に悪用されるとして、1月末までに五つの州政府が学校での使用を禁じた。ただ、学外での使用は防げないため、手書きの宿題に回帰する動きも出ている。一方で共存を探る動きもある。主要州で唯一、使用…

残り336文字(全文559文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

6月13日号

電力が無料になる日 NTT、東電、トヨタが拓く未来14 NTT、東電、トヨタの共闘 捨てる再エネは「宝の山」 ■金山 隆一18 インタビュー 森島龍太・電池サプライチェーン協議会業務執行理事「電池は国家のエネルギー戦略そのもの」19 電池のリユースは自動車業界の命綱 ■藤後 精一20 EV電池の送電 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事