国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク州での万引き件数が過去最多を2年連続で更新 橋本孝

ニューヨークのスーパーマーケット Bloomberg
ニューヨークのスーパーマーケット Bloomberg

 ニューヨーク州警察発表のデータによると、2022年中に通告された小売店での万引き件数は6万3000件と、2年連続で過去最多を更新した。

 21年比で45%増加。00年代半ばからは3.7倍の増加となった。19年にピークに達した件数はコロナ禍で一時的に減少したが、21年には再び増加に転じた。

 ニューヨーク州では1000ドル以下の万引きは微罪で、逮捕されてもすぐ釈放されるため、再犯者が絶えない。

 貧困のために生活必需品を盗むのみならず、盗品を再販することを目的とするプロも多いのが実情だ。

残り279文字(全文522文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

6月20日号

日本株 沸騰前夜14 東証新指数「トヨタ外し」が好材料 新NISA控え先回りする外国人■浜田健太郎/和田肇17 インタビュー 草刈貴弘 カタリスト 投資顧問ファンドマネジャー18 バフェット氏の商社株買い 総会で「さらなる投資」に意欲■尾藤峰男20 CFOに聞く1 インタビュー 鉢村剛 伊藤忠商事副 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事