教養・歴史この経済書を読む

『金融政策に未来はあるか』 評者・斉藤誠

     岩村は、専門家として金融政策に対する賛否の判断に禁欲的となり、人々が「失われた20年」を金融政策の失敗と結び付け、2013年春から発動された異次元金融緩和を強く支持した経緯を尊重している。

     本書では、異次元金融緩和が期待インフレ上昇にある程度効果があったとする。一方、物価水準が主として将来の財政余剰から決定されるとする理論(FTPL)に基づいて、異次元金融緩和でベースマネーを飛躍的に拡大させたにもかかわらず、物価水準への影響が軽微であった理由も明らかにしている。

     岩村は一般の読書人にFTPLを平易に明快に説明している。ただし、貨幣鋳造収入が政府収入に含まれるなど複雑なケースについては進んだテキストを参考にしてほしい。

    残り846文字(全文1159文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット