教養・歴史Book Review

『日本型資本主義 その精神の源』 評者・柳川範之

    著者 寺西重郎(一橋大学名誉教授) 中公新書 880円

    起源と精神を見つめ「日本型」成立を追究

     資本主義はどこから来てどこへ向かうのか。多くの人が関心を持つテーマだが、実はこのような「大きな物語」を語る本は、著者もいうように、最近比較的少ない。

     そんな中、本書は日本型資本主義の「どこから」に比較的焦点をおいた力作である。新書ではあるが本書の内容を拡充させた英語版の専門書出版も予定されているように、内容はかなり濃密で深い。 

     著者の一連の研究を追っている読者を除けば、まずは日本型資本主義の源流が鎌倉時代後期にあるという記述…

    残り870文字(全文1132文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット