教養・歴史Book Review

『日本型資本主義 その精神の源』 評者・柳川範之

著者 寺西重郎(一橋大学名誉教授) 中公新書 880円

起源と精神を見つめ「日本型」成立を追究

 資本主義はどこから来てどこへ向かうのか。多くの人が関心を持つテーマだが、実はこのような「大きな物語」を語る本は、著者もいうように、最近比較的少ない。

 そんな中、本書は日本型資本主義の「どこから」に比較的焦点をおいた力作である。新書ではあるが本書の内容を拡充させた英語版の専門書出版も予定されているように、内容はかなり濃密で深い。 

 著者の一連の研究を追っている読者を除けば、まずは日本型資本主義の源流が鎌倉時代後期にあるという記述に度肝を抜かれるのではないか。そして、一般に言われている儒教思想ではなく、この時代に形成された仏教思想が日本型資本主義の精神を形成するうえで重要だったことが詳細に検証される記述に唸(うな)らされるだろう。

残り768文字(全文1132文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事