教養・歴史Book Review

『嘘に支配される日本』 評者・浜矩子

    著者 中野晃一(上智大学国際教養学部教授) 福島みずほ(参議院議員、社民党副党首) 岩波書店 1800円

    新自由主義のなれの果て 反自由主義に対抗せよ

     対談というよりはデュエットだな。読了後、そう思った。単なるデュエットではない。オペラの世界におけるデュエットである。

     オペラの中には、さまざまなデュエットが登場する。まずは、恋人たちのデュエットが定番だ。恋のデュエット抜きのオペラというのは、まずない。だが、ラブラブ物に勝るとも劣らず、オペラの舞台を沸かすのが友情デュエットだ。同志たちのデュエットと言い換えてもいい。信念を共有する二人がその決意を表明し、目的達成に向けての義兄弟の契りを交わす。これが出ると、客席は騒然となる。

     友情デュエットが絶大な盛り上がりを示すためには、共通の敵が必要だ。悪逆非道な奴らの撲滅を目指すべし。これを高らかに歌い上げ、がっちりと手を握り合う。この形でクライマックスに到達すれば、やんやの拍手間違いなしである。

    残り747文字(全文1169文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事