教養・歴史Book Review

『脱ポピュリズム国家 改革を先送りしない真の経済成長戦略へ』 評者・小峰隆夫

    著者 八代尚宏(昭和女子大学特命教授・グローバルビジネス学部長) 日本経済新聞出版社 1700円

     憂国の書である。日本はいつのまにか、多くの分野でポピュリズムが蔓延(まんえん)する「ポピュリズム国家」になってしまった。求められている構造改革を阻んでいるのもこのポピュリズムだ。脱ポピュリズムこそが必要だと著者は説く。

     本書では、次々に各分野におけるポピュリズムが指摘されていく。日本的雇用慣行に守られた「雇用ポピュリズム」、集積の利益を無視して人口分散を進める「地域ポピュリズム」、給付は手厚く、負担は軽くという「ポピュリズム政治」に翻弄(ほんろう)されてきた社会保障、都合の良い経済前提を置くことで、必要な対策を逃れる「ポピュリズム行政」によって負担を先送りしてきた「年金ポピュリズム」、画一的な介護を低価格で提供…

    残り837文字(全文1195文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット