教養・歴史Book Review

『経済学者たちの日米開戦 秋丸機関「幻の報告書」の謎を解く』 評者・吉川洋

    著者 牧野邦昭(摂南大学准教授) 新潮選書 1300円

    戦時下の「幻の報告書」 ほぼ全貌を精緻に分析

     もうだいぶ前のことになるが、日米が開戦した場合、日本経済に何が起きるのか、シミュレーションを行った「幻の報告書」に関する番組を見た。この報告書は、多くの一流の経済学者を動員した陸軍省戦争経済研究班によってつくられたが、全体を統括したのが陸軍中佐、秋丸次朗だったことから「秋丸機関」と通称されている。

     プロジェクトで中心的な役割を果たした一人が、東京大学経済学部の教授だった有沢広巳である。有沢は、昭…

    残り889文字(全文1138文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月5日号

    大変調 企業決算22 牙むく「トランプ砲」 標的は自動車と為替 ■浜田 健太郎24 注目セクター 1 自動車 米中2大市場の減速、固定費増、日米貿易摩擦の三重苦 ■遠藤 功治26        2 エレクトロニクス 半導体「超好況」終息、調整局面へ ■石野 雅彦28        3 機械 下方修正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット