教養・歴史Book Review

『経済学者たちの日米開戦 秋丸機関「幻の報告書」の謎を解く』 評者・吉川洋

     もうだいぶ前のことになるが、日米が開戦した場合、日本経済に何が起きるのか、シミュレーションを行った「幻の報告書」に関する番組を見た。この報告書は、多くの一流の経済学者を動員した陸軍省戦争経済研究班によってつくられたが、全体を統括したのが陸軍中佐、秋丸次朗だったことから「秋丸機関」と通称されている。

     プロジェクトで中心的な役割を果たした一人が、東京大学経済学部の教授だった有沢広巳である。有沢は、昭和13(1938)年の第二次人民戦線事件で検挙された後、東大を追われ訴訟中だったが、そうした身でありながら昭和15年から17年にかけて、秋丸機関で活動を行っていたのである。

     報告書は、日米が戦えば日本経済は2年ほどで壊滅、日本の必敗を結論づけたが、陸軍中枢から焼却命令が出て、「幻の報告書」となった。しかし、有沢がその一部を戦後まで秘蔵し、死後それが発見され、東大経済学部資料室に保管されることになった。「傾斜生産方式」はじめ戦後の経済政策の決定プロセスで、大きな役割を果たした有沢の戦争中の活動は興味深く、引き込まれるように番組を見たことをよく覚えている。

    残り659文字(全文1138文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット