教養・歴史Book Review

『アメリカ経済 成長の終焉(上・下)』 評者・上川孝夫

    著者 ロバート・J・ゴードン(米ノースウェスタン大学教授) 高遠裕子、山岡由美訳 日経BP社 上巻/3600円・下巻/3800円

    豊富な資料で長期分析 四つの逆風の近未来

     リーマン・ショックから10年になるが、「長期停滞論争」が続いている。米連邦準備制度理事会(FRB)が「金融正常化」へかじを切り、人工知能(AI)やロボット技術などの登場で、米国経済の成長を楽観視する向きがある一方、経済成長の黄金期は終わったとの主張もある。本書は後者を代表する最近作だ。

     本書は説得力ある説明を行うために、南北戦争(1861~65年)以降、最近までの米国の経済成長の跡を克明に追っている。結論は明快だ。1870~1970年は経済成長が進んだ「特別の世紀」であり、中でも1920~70年は労働生産性が高かった。しかしこれに続く1970~2015年は減速しており、特にインターネット・バブルの10年(1994~04年)の影響が一巡した後はペースが落ちている。これは楽観派の主…

    残り810文字(全文1238文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事