【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト OnlineBook Review

『経済学は悲しみを分かち合うために 私の原点』 評者・服部茂幸

著者 神野直彦(日本社会事業大学学長) 岩波書店 1800円

自らの生を振り返り、経済学の使命を問う

 本書は日本を代表する財政学者の一人、神野直彦氏の自伝である。

 氏は真理を追究する知識人と真理を切り売りしているにすぎない知的技術者の区別を強調する。けれども、こうした区別自体が実用主義一点張りの今では廃れた、古きよき時代の考えと言えよう。

 第2章から第5章までは、幼少期から研究者となる前までの話である。立派な人物にしばしば見られるように、著者も母から立派な教えを授かった。それは「お金で買える物には価値がない」と「偉くなるな」である。後者は、一代で財をなした祖父が、財をなすために嫌な思いをしたことから、孫にはこうした苦労をさせたくないと考えた結果だそうである。財務省の公文書偽造など一連のスキャンダルを考えると、これも現在という時代と…

残り793文字(全文1162文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事