経済・企業特集

リーマン・ショック10年 私のリーマン・ショック 古賀信行 英米では「金融のための金融」…

    古賀信行(野村ホールディングス会長)
    古賀信行(野村ホールディングス会長)

    英米では 「金融のための金融」 日本はバブル崩壊の経験が生きた

     2008年9月15日は、ホテルで中国関係の会合に出席していた。そこである日銀関係者からリーマン・ブラザーズの破綻を耳打ちされたのが最初だった記憶がある。もちろんびっくりした。

     私が最高経営責任者(CEO)だった07年、リーマン・ショックの原因となったサブプライムローン(低所得者向け住宅融資)を証券化した金融商品を野村証券でも手掛けていたが、それを縮小しようとした。「膨らみすぎだ。おかしい」と感じていたからだ。

     米国での投資家向け説明会(IR)でそれを伝えると、「せっかくのもうけのネタをどうして縮めるのか」と非難された。

    残り1302文字(全文1597文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事