経済・企業特集

リーマン・ショック10年 再び不穏な空気 バブルは別の顔でやってくる 日米欧で進む良識派の弱体化=熊野英生

    ビットコインもバブルに Bloomberg
    ビットコインもバブルに Bloomberg

     リーマン・ショックから10年というが、その手前にサブプライムローン(低所得者向け住宅融資)問題があった。2006年前半からサブプライムローンの不良債権化が進み、07年8月にパリバ・ショック、08年3月にベア・スターンズ破綻へと発展した。人々の記憶にはクライマックスのリーマン・ブラザーズの崩壊が脳裏に焼き付いていて、バブルの生成過程は意外に忘れられている。記憶されるべきは、バブルの生成までのあの不穏な空気の方だろう。

     そして、今も筆者には再び不穏な空気を感じる。18年初は仮想通貨ビットコイン・バブルが弾けた。その寸前でも、仮想通貨はバブルでないと公言する人が何人もいた。あのとき、「今回は以前の値上がりと比べてここが違う」と見事な見解を開陳していた。しかし、バブルとは、常に別の顔をしてやってくるものだからわかりにくい。人間は、一旦バブルに便乗しようとしたならば、外側で見ていたときの冷静さを必ず失う。これは、人間…

    残り1678文字(全文2088文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット