教養・歴史アートな時間

映画 ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男 率直さと完全主義を共有し、天才と天才がつながり合う=芝山幹郎

    ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男  (C)AB Svensk Filmindustri 2017 
    ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男  (C)AB Svensk Filmindustri 2017 

    1980年のウィンブルドンは、いまも忘れがたい。私は少し前に40日ほど入院し、病み上がりの青い顔でテレビにしがみついていた。そのせいか、記憶も鮮明だ。

     3時間55分もつづいたあのテニスの死闘が映画になった。題名はそのまま「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」。沈着なベースライン・プレイヤーだったビヨン・ボルグ(スヴェリル・グドナソン)は「氷の男」といわれた。短気で口汚いネット・ラッシャーのジョン・マッケンロー(シャイア・ラブーフ)は「悪童」と呼ばれて警戒された。

     そんなふたりが、一歩も引かぬ戦いを繰り広げる。典型的な「氷と炎の対決」と見えるだろうが、意外にも両…

    残り885文字(全文1169文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット