国際・政治東奔政走

見えない安倍外交の対中姿勢 「第5の文書」は策定できるか=及川正也

    日中平和友好条約締結40周年記念・李首相歓迎レセプションで乾杯する中国の李克強首相(左)と安倍晋三首相(5月10日)
    日中平和友好条約締結40周年記念・李首相歓迎レセプションで乾杯する中国の李克強首相(左)と安倍晋三首相(5月10日)

     日本と中国は8月12日、平和友好条約に調印してから40周年を迎えた。

     条約は2カ月余り後の10月23日に発効された。日中が国交正常化した日中共同声明からは昨年9月に45周年を迎えている。2012年の日本政府による沖縄県・尖閣諸島国有化に対する中国の反発で冷却していた日中関係だが、昨年来、改善に向けて動きが加速している。

    「不惑の年を迎えた中日関係は風雨による曲折を経て、少しずつ成熟に向かいつつある。中日関係の次の40年は必ず良くなると確信している」

    残り2295文字(全文2521文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット