国際・政治東奔政走

「現職vs挑戦者」は怨念の構図 論戦提起力問われる自民党総裁選=人羅格

    桜島をバックに次期総裁選への出馬を表明する安倍首相=鹿児島県垂水市海潟の垂水市漁協で2018年8月26日午後3時47分、新開良一撮影
    桜島をバックに次期総裁選への出馬を表明する安倍首相=鹿児島県垂水市海潟の垂水市漁協で2018年8月26日午後3時47分、新開良一撮影

    首相優位の構図とは裏腹に、切迫感のある戦いである。9月20日投開票の自民党総裁選は安倍晋三首相と石破茂元幹事長の一騎打ちとなる見通しだ。地方組織を重視してドブ板的戦術で支持の掘り起こしを図る首相と、記者会見を通じた発信に努める石破氏。対照的なスタイルで党員票を巡る攻防が進む。

    来夏まで続く戦い

     6年ぶりの選挙にふさわしい論戦が本当に行われるのだろうか。そんな不安を抱かせる首相の鹿児島での出馬表明だった。

     現職首相として「10年政権」を目指すのだから、本来であれば記者会見でビジョンを語り、記者の質問に応…

    残り2211文字(全文2463文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット