国際・政治東奔政走

安倍氏「勝敗ライン」は党員票の7割か 依然、注目される小泉進次郎氏の動向=佐藤千矢子

    国会改革について発言してきた小泉進次郎氏(中央)。総裁選でもその行動への関心が高まる(6月27日撮影)
    国会改革について発言してきた小泉進次郎氏(中央)。総裁選でもその行動への関心が高まる(6月27日撮影)

     安倍晋三首相(63)を取り巻く一部の人たちは盛り上がっているが、その他大勢の人たちはどこか冷めているような、そんな不思議な自民党総裁選(9月7日告示、20日投開票)が幕を開けた。

     安倍首相と石破茂元幹事長(61)の一騎打ちは、首相の総裁3選が有力だが、首相が予想通り勝つと想定した上で、問題は首相の「勝ち方」、石破氏の「負け方」だ。

     安倍首相は、国会議員票(405票)の7割以上を早々と固め、カギを握るのは党員票(405票)。勝敗ラインについて、首相周辺は「党員票を国会議員票並みに取りたい」という。つまり党員票でも7割以上を目指している。

    残り2160文字(全文2431文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット