国際・政治東奔政走

安倍「圧勝」か石破「善戦」か 「次の次」もにらんだ総裁選=前田浩智

    自民党総裁選の記者会見で質問に答える安倍信三首相(右)と石破茂元幹事長(9月10日撮影)
    自民党総裁選の記者会見で質問に答える安倍信三首相(右)と石破茂元幹事長(9月10日撮影)

     自民党総裁選には次の党総裁(首相)を選ぶという直接的な役割以外にも、さまざまな役割がある。その一つが「次の次」の総裁候補を絞り込むことである。

     今から12年前、2006年総裁選の投開票を自民党本部8階のホールで取材していた。立候補したのは、安倍晋三、麻生太郎、谷垣禎一の3氏だった。

    「安倍晋三君267票」。選挙管理委員長が最初に安倍氏の国会議員票を読み上げた瞬間、勝利したにもかかわらず、会場内には「ふーん」と低い響きの微妙な反応が広がった。谷垣氏の票数発表の時は「ほー」、麻生氏は「おー」であり、笑顔をのぞかせたのはむしろ敗れた麻生、谷垣両氏の方だった。

     安倍票への反応が微妙だったのは、国会議員票全402票に占める得票率が66%で、目標の7割を下回ったためだ。党員票197票を合わせた全体の得票率も66%だった。

    残り2132文字(全文2491文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット