国際・政治東奔政走

経済・外交を「人質」に取る安倍政権 総裁選で「ポストアベノミクス」議論を=平田崇浩

    前々回の自民党総裁選で戦った安倍信三首相(右)と石破茂氏(左から2人目)が争うことになるのか(2012年9月26日撮影)
    前々回の自民党総裁選で戦った安倍信三首相(右)と石破茂氏(左から2人目)が争うことになるのか(2012年9月26日撮影)

     9月の自民党総裁選は安倍晋三首相の3選が確実な情勢だ。首相周辺からは「消化試合だ」などと勝ち誇る声が聞こえてくる。

     なぜ、財務省による文書改ざんのような「平成の政治史に残る大きな事件」(小泉進次郎・自民党筆頭副幹事長)があっても首相は盤石なのか。

    「安倍1強」の長期政権下、下手に逆らって内閣や党役員の人事で干されては困るというのは分かる。

     岸田文雄政調会長の出馬見送りは首相からの「禅譲」狙いと言われるが、岸田派(宏池会)が政権主流派から脱落するのを恐れた結果だ。

    残り2244文字(全文2477文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット