国際・政治ワールドウオッチ

イラク 生活基盤は壊滅状態 国家統一も遠く=佐藤佳奈

    戦闘の爪痕は深い(毎日)
    戦闘の爪痕は深い(毎日)

     7月8日に南部の都市バスラから端を発した反政府デモは、シーア派宗教都市ナジャフや首都のバグダッドへ広がり、死者は14人以上に上っている。度重なる「イスラム国」(IS)との戦いで、生活インフラは壊滅状態だ。恒常的な電力不足や水不足が発生する中、50度にも迫る酷暑が重なり、市民の不満が限界を越えた。アバディ首相は、すぐにバスラ地域のインフラ開発に、30億ドル(約3300億円)を支出すると発表した。

     しかし、これまで復興支援のために割り当てられてきた多額の資金が政治家や有力者たちの懐に消えたと言われている。5月の選挙では、市民の不満が重なり、第1政党のアバディ首相率いる政党は第3勢力に転落。一方、米国やイランなどの他国の影響を受けない自立国家の樹立を目指し、クリーンなイメージの強いシーア派宗教指導者のサドル師率いる政党が第1党となった。ところが、過半数は獲得できなかった。一部投票所で再集計が…

    残り178文字(全文577文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット