国際・政治ワシントンDC

WASHINGTON D.C. 対米投資審査を強化へ 日本企業も安心できず=川上直

    通信技術には特に敏感(Bloomberg)
    通信技術には特に敏感(Bloomberg)

     今年3月、当時はシンガポールの半導体メーカーだった「ブロードコム」(4月に米へ移転)が米半導体メーカー「クアルコム」を買収しようとしたところ、トランプ大統領が「国家安全保障上の理由」を挙げて阻止したことが話題となった。適否を審査したのが対米外国投資委員会(CFIUS)である。このCFIUSの権限を強化するための法案が、8月13日、国防権限法の一部としてトランプ大統領の署名を経て成立した。

     CFIUSは、外国企業による対米直接投資について、国家安全保障上の観点から適否を審査する。まず、国家安全保障上の脅威となりうる対米投資について、影響軽減のための措置を指示することができる。さらに、影響が重大な場合には、大統領の承認を得て当該投資を差し止める権限も有する。2017年には、中国政府が関与するファンドが米半導体メーカー「ラティス・セミコンダクター」を買収しようとした。しかし、これを認め…

    残り1053文字(全文1449文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事