国際・政治ワシントンDC

WASHINGTON D.C. 銃規制、活動の火消えず 夏休み利用し高校生が訴え=井上祐介

    2月にフロリダで起きた高校での銃乱射事件が若者を突き動かした(Bloomberg)
    2月にフロリダで起きた高校での銃乱射事件が若者を突き動かした(Bloomberg)

     例年、米国では夏休みが終わりに近づく頃、親は子供のために文房具など新学期の学用品を準備するが、今年は防弾仕様のバックパックが売れているという。数百ドル(数万円)とかなりの高額だが、需要の高まりによりアマゾンや大手の量販店も取り扱いを始めている。ある世論調査によると、通っている学校での銃撃事件発生を心配する生徒は全体の5割近くに上るという。保護者と生徒がこうした商品に必要性を感じたとしても不思議ではない。

     2月14日に生徒ら17人が死亡したフロリダ州パークランドの高校での銃乱射事件から半年あまりが経過した。事件の1カ月後には同校の生徒たちが中心となって、ワシントンや主要都市で銃規制の強化を訴える大規模なデモが実施された。連邦レベルでの銃規制の強化に向けて議会が突き動かされることへの期待も高まった。しかし、3月の集会後は移民問題や外交政策といった旬のテーマにかき消される形で銃問題が話題に上ることは次…

    残り1080文字(全文1484文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事