国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

チャイナウオッチ 自動車の設備投資規制へ 日系企業から批判の声=真家陽一

    日経メーカーの戦略にも影響必至
    日経メーカーの戦略にも影響必至

     中国自動車工業協会は9月11日、1~8月期の自動車販売台数が前年同期比3・5%増の約1810万台になったと発表した。情報サービス会社「マークラインズ」の9月5日時点の集約によれば、2位の米国は同期間の販売台数が1・0%増の1146万台にとどまっており、中国の自動車市場が2009年以降、10年連続で世界一となることがほぼ確実な情勢となった。3000万台も視野に入った巨大市場中国での商機を探るべく、日系自動車メーカーは増産投資に動こうとしている。

     日産自動車は22年までに、年間販売台数を現在から100万台以上増やす260万台とする新中期計画を発表しており、今後5年間で600億元(約9600億円)を投資する予定だ。また、トヨタ自動車は広州に年間生産量20万台程度の新工場を建設するほか、天津でも増産を計画しており、21年までに中国全体の生産能力を現行比で約35%増の170万台に引き上げる。ホンダも19年前半の稼働開始を目指し、約30億元(約4…

    残り1023文字(全文1447文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット